ルワンダ子ども支援基金

ルワンダでは1994年のジェノサイドにより、多くの子どもが戦災孤児となりました。またエイズによって親を失ったエイズ孤児も多くいました。エイズ感染者は、戦時中のレイプによる感染や、紛争で家族を失ったために貧困から売春行為を行ったことによる感染など、ジェノサイドに起因しています(*)。孤児の中には、孤児院や一般家庭に引き取られたりした子もいます。学校に行ける子どもばかりではありません。また、家族がいても、貧困などの問題で学校教育を受けられない子どももいます。家計を支えるために路上でみやげ物や菓子を売る子どももいます。しかし行き場のない子どもの中には、ストリートチルドレンとなって街をさまよう子どももたくさんした。

 

教育ですべてが解決するわけではありません。しかし、内戦後の復興と発展に教育が果たす役割は大きいと思います。また識字だけでなく、平和や民族融和のための教育の必要性も指摘されていて、その中心はやはり学校です。なによりも就学可能な時期を逸してしまえば、教育を受けていない世代が増加していってしまいます。そういう意味では、教育も「緊急」に必要なのです。

 

ARCは2002年以来、ルワンダの児童養護施設や小学校を通じて、初等教育の学費、学用品、制服などをサポートする奨学支援を行っています。

 

 

 

*)エイズ感染の背景

ルワンダのエイズ感染の背景は非常に複雑だが、主な原因は、①複数のパートナーとの性行為。若年齢から複数の相手と無防備な性行為におよぶ人が多い。これは、教育機会の低さに起因するところが大きい。また、雇用機会も少ないルワンダでは将来の展望が持ちにくく、刹那的な若者も多い。②様々なキャンペーンが実施されているのにもかかわらず、HIVAIDSへの認識がまだまだ低い。③養子、住み込み召し使いとして引き取られた孤児は性的虐待にあいやすく、それをきっかけに若年齢から性行為を開始することが多い。