ARC - アフリカ平和再建委員会の設立理念

 アフリカ平和再建委員会(ARC)は、1994年のルワンダ大虐殺を発端に、NGO、研究者、学生、元・青年海外協力隊員といった市民が設立した組織です。その当時は虐殺に端を発する大量の難民への支援が「ルワンダ問題」として取り扱われていました。しかしARCは、対症療法的な支援でなく、現地の市民社会との協力関係による復興と和解のためのプロジェクト作りを行ってきました。それは同時に彼らとの協働を通じ、いかにして国内で人々が動員され、国家による暴力が準備され実行されていくかを学び、私たち日本人が脆弱な平和というものを見つめなおす契機でもありました。
 そして2001年の「9.11同時多発テロ」以来、激変する世界の中で、アフリカの平和とは私たちとの平和と安全とも深く関わるようになりました。なぜならばアフリカの貧困、紛争による無秩序は、国際テロ組織が活動拠点にしやすく、武器や天然資源の非合法取引やマネーロンダリングを可能にし、国際テロの温床となっているからです。現在のいわゆる「対テロ戦争」は、いわば暴力に対して暴力で抑え込むものにすぎません。ARCは、アフリカの平和再建を通じてグローバル・テロリズムの根本原因(Root Causes)の解決に迫り、誰もが共存できる世界を目指していきたいと考え、行動しています。 


          Twitterもはじめました!フォロー待っています!


   アフリカ平和再建委員会(ARC) 本部事務局

     〒160-0004
        東京都新宿区四谷4-6-1 四谷サンハイツ511号室
        (地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅下車徒歩7分)
        TEL/FAX:03-3351-0892
        E-Mail:headoffice@arc-japan.org (※@を半角にして下さい)

       地図はこちら